それでは、[本論9]に移ります。


前回の本論8では、


「だいたいの人は終わる。」


というところまででしたね。


[本論9]では、この続きからやっていきます。



では、いきますよ!





・本論9








で、さらにですね、



低所得者層ほどですね、



無駄なことにお金を使うんですよね。



例えば、



お金を持ってる人の場合だったら、



タクシーとかに乗るときも



すごく考えるんですよね。




このタクシー1回乗ったら、

本が1冊買えるよな。



だったら

これ歩いて帰って

帰りながらその間に

kindlleで本買って

読みながら帰れば良いや。





っていうふうに考えるんですよ。 



つまりですね、



お金持ってる人ほど、



お金に関する判断っていうのが、



緩みづらいんですよ。



ちゃんとですね、



合理的な判断を下しやすくなってくるんですよね。



だから、



結局無駄遣いをしちゃうとか、



あとはですね、



所得者ほどタバコ吸ってますよね。



タバコって生きてくのに不要じゃないですか。 



で、やめようと思えばやめれるじゃないですか。



なのに、



なんか土建のお兄ちゃんとかタバコを吸ってますよね。



無駄じゃね。



っていう話なんですよ。 



という訳で、


この続きは、


次回の[本論10]でお話していきます。


では次回、お楽しみに!