Dスケブログ

Dスケブログです。 高校生の時の授業中にスマホで仕入れた情報をもとに、 大学以降、実験、検証、考察を続けた結果をここに記します。 バスやタクシーでの移動中、飲み会中、常にブログ、ブログ、の23歳。

2018年11月

皆さん、
皆さん周りには、
普段の会話や飲み会などで

こいつ今日もすべってるな


っていう人いませんか?

という訳で今回のテーマ

「基本すべってる奴の話し方」です。

ではやっていきますよ!



・序論

そうですねー

例えば話すほど自己中に見える話題とかがあるんですよね。

これ結構やってる人多いんですけどね。


であと、人間関係を深める技術っていうのがあるんですね。

これは

マンタリング


って言うんですよ。

このマンタリングを身に付けると
人間関係をより深めることができるんですね。

で、次に

好かれる上に主導権が取れるリアクション


ってやつですね。

つまり上手いリアクションの取り方があるんですよ。

こんな感じで会話で演じられれる方法を今回はご紹介していこうと思います。



それではじゃあ

すべらない話し方


ですね。

まずですね

絶対に避けなくちゃいけないことがあるんですよ。


やっぱり話してるときにですね


そもそもテーマですべっちゃってる人がいるんですよ。


でこれは超危険で、

テーマですべってる人っていうのは

アウトなんですよ。

いきなりつまずいてるんですよ!


てことでこのテーマについてまずはやっていきたいと思います。

で、
実は一番やっちゃいけない話題っていうのがあるんですよ。

皆さんこれなんだと思いますか?


これね

実はテーマはあんまり関係ないんですよ。


話題の種類は正直関係ないんですよね。



実は答えはこれなんですよ。

一番アウトなのは、

同じ話を何度もすること

なんですよ。


なぜか人って同じ話を聞かされれば聞かされるほど
その同じ話をしている人のことを

自己中だっていうふうに思うんですね。


これちょっと面白いんですよ。


同じ話を聞かされることって嫌ですよね。
嫌なのは当たり前なんですけど

自己中に見えるってことがポイントなんですよ。


でよくいますよね。

自慢話をやたら聞かされて
この人すごい自己中っぽいなとか
自分大好きっぽいなとか
嫌だなって思う人。

時々いるじゃないですかこういう奴ら。

でああいう人って

冷静に考えてみると

何回も同じ話、いっつも自分の話してるんですよ。


今流行りのプログラミングで言ったら
while文入ってbreakされてないんですよ。

気を付けないといけないんですよね。

だから、話に対してバリエーションを持つようにすると良いってことなんですよね。

そうなんですよね。

だから同じ話を聞かされるのは退屈なので、

常に新しい話とかを入れた方が良いんですよ。

実績を語るなら

最低でも過去一ヶ月以内の実績にするとかね。


本の話とかをするときもですね
雑学とかの話しても良いんですけど、
毎回同じ話をしてもしょうがないので

やっぱり新しい本の話とかすると

良いんじゃないかなって思いますね。

で実は雑学も大切なしゃべり方があるんですよ!

という訳でここからの続きは次回の[本論]でお話したいと思います。
次回、お楽しみに!


皆さんこんばんわ!
いよいよ今回のテーマも[結論]です!

前回までは、ブラックジョークや悪趣味なジョークをポンポン出せる人やそれを好む人は、

頭の回転が早くて他者を突き放す圧倒的な能力を持っている可能性が高いということでした。
今回はその続きからです。

それではいきますよ!




・結論


ちなみにですね

悪趣味なジョーク


って非常に面白くて

実は

メンタルの良し悪し


とも関わってるんですよ。

例えば、

気分が沈んでいて
脳にストレスを溜め込んでいるときとか
ボーッとしちゃって判断能力が落ちてるときとかありますよね。

こういうときって、

知識ある人が繰り出してきた
ひねった悪趣味なジョークを理解する能力が低下しちゃうんですよ。

つまり、

なかなか理解できないんですよ。



で、こういう悪趣味なジョークを

素早く理解するために大事なことがあるんですよ!



悪趣味なジョークを理解するにはですね

脳が一生懸命動くしかないんですよね。



つまり
ブラックジョークとか
遠回しな皮肉とかを理解するためには
脳を使わないといけないんですよ。

これまでの人生で積み重ねてきた

脳のレベル次第なんですよ。


だからそういう意味で言う

悪趣味なジョークが好き
つまりそれを理解することができる
その面白さを理解できる人

っていうのは

脳の性能が良いんですよ。

常に何か考えて生活を送ってるんですね。

IQが低い奴らみたいにボーッとしてないんですよ。

で、それゆえに脳の性能が良いから、

ネガティブな感情を処理する能力とかも高くなるので、

落ち込みずらいし、
メンタルも安定するよってことなんですよね。

一工夫したひねった罵詈雑言じゃないとだめなんですね。


でもこれは汚い言葉を並べれば良いってわけじゃないですよ。

ていうか、

汚い言葉はダメなんですよ。


つまり、

すべる言葉はダメなんですよ。


皆さんの周りにいる

基本すべってる奴

の会話をよく聞いてみてください。

すごい直接的な汚い言葉、言ってませんか?

その言葉しか知らないんですよ。


本当はそうじゃないんですよ。

重要なのは、

放送可能なんだけど

冷静に考えたら

エロいことしか言ってないなこいつ。


みたいに思えるような言葉なんですよ。

そもそも言語の役割って

相手にイメージを持たせること

ですからね。


自分が発した様々な種類の言語が
相手の頭の中で繋ぎ合わされて
見事に組上がることで、
相手は快感を覚えるんですよ。


IQ が極端に低いと、

直接言わないと伝わらない


とかっておもっちゃってるんですよね。


頭の回転が早い人なら
直接的に言わなくても罵倒する発言てのは
いっぱい思い浮かぶわけなんですよね。


で、これ
遠回しに罵倒されてるってことが
もし相手にバレたら

嫌われちゃうんじゃないの?


って思う人もいるかもしれないんですけど、

頭の良い人って

基本的にブラックジョークの対象にならないし

逆に頭が悪い人は、

そもそも

遠回しに罵倒されてるってことにさえ気づいてないので大丈夫です。



面白いですよね、
だからIQが低い人っていうのは

ボキャブラリーが少ないんですよ。
頭の中で一つのことしか考えられないんですよね。


電気的に言うと
IQが低い人は、
頭の内部がDCなんですよね。
なにも考えてないんですよ時間が経っても。

逆にIQが高い人っていうのは、
ボキャブラリーが豊富だから、
頭の内部が時間に対して常にAC、
それも高周波なんですよ。
常に数多くのボキャブラリーで揺れてるんですよ。

で、IQ が低いバカな奴っていうのは、

せっかく頭が良い人が遠回しに皮肉を言ってきてくれたり、
ブラックジョークを言って

「そろそろ気づけよバカ」


って感じで
様々なボキャブラリーや情報
つまりAC信号を与えてくれえるのに、

低能の頭の内部は
入力部-GND間にコンデンサが接続されてるから、
IQが高い人からのAC信号を全部GNDに落としちゃってるんですよ。

しかもIQが高い人の情報は高周波だから一瞬でGNDに落ちるんですよね。

いやそのAC、ノイズじゃねーから(笑)

カットしちゃダメでしょ(笑)


って感じですよね。



ブラックジョークは、無理して言う必要はないんですよ。

もちろん言う能力があるのに越したことはないんですけど、
ブラックジョークは、理解することでも
脳を使うので、脳のトレーニングになるんですよね。

だから、
ブラックジョークが多く出てくるドラマとか
映画とかを見たり
そういう小説を読んだりすると良いと思いますね。

例えば、リーガルハイとかは良いですね。

あと、ブラックジョークの本としてオススメなのはディルバートとかですかね。
まあ探せばたくさんあると思いますけど。

あ、で本を読むときなんですけど、

体を動かしながら読んだほうが良いですよ。

例えば、
ジムのランニングマシンとかありますよね。
あれとかやりながら本読むと良いんですよ。

一番頭の回転も良くなるし、
運動をしながらのほうが記憶力も上がるのでね。

あと本のジャンルなんですけど、

よく自己啓発の本とか結構読む人いると思うんですけど

あれ意味ないんですよ。

自己啓発の本で良い本ってすごく少なくて、
昔の本を薄めた本ばっかり出てるんですよ。

自己啓発にはまりやすい人って結構いるんですよね。

あ、あれです、セミナーとか行っちゃうタイプの奴らです。

そんな時間あったらブログ書けよ。

って感じですよね。

まぁ特に年に4冊以上自己啓発本読む人は

メンタルが病みやすいっていうことが分かってるので

どちらかっていうと
自己啓発本読むよりも
自分の問題とちゃんと向か合ったほうが良いんじゃないですかね。

自己啓発本読んで

「俺読書めっちゃしてる」


とかいう人って結構いると思うんですけど

あれって、

ぶっちゃけ当たり前なんですよね。


自己啓発本て一番読みやすいんですよ。

まあやる気が出るようにわざと書いてありますからね。売れるように。

だから、自己啓発本読めるのは正直当たりまえなんですよね。

多分人によっては雑誌とか漫画とかより読みやすいですよ。

じゃなんで自己啓発本てそんな感じなのかっていったら、
自己啓発本のターゲットが決まってるからなんですよね。

このターゲットってどういう人たちかっていうと、

たいした結果が出てない意識高い系の方々


なんですね。


だからあれなんですよ。

ゆで卵はかえらないのに、


いつまでもセミナーとか行っちゃうんですよね。

そういう人って情報脆弱者だから、

それっぽいこと書いとけばすぐ食いつくんですよ。

まあそういった感じですね。

だからむしろ
セルフコンパッションの本とか
不安対策の本とかそうゆうの読んだほうが良いんじゃないですかね。

まあ本読むなら運動したほうが良いと思いますけどね。

それのほうがよっぽど意味のある自己啓発になると思うんですけどね。

ちなみに高校生とかまだ若い人だったら本なんて読まないで数学の勉強をひたすらしたほうが良いですよ。

正直数学ができたら勝ちなんですよ。
人生イージーモードになりますよ。

まずは学校で使ってる数学の教科書を暗記してみてください。

でもどうしても本読みたいんだったら、

ウィルパワー意志力の科学とかエレンランガーの本とか
脳科学は人格を変えられるか?とか

まあ、性格とか自分のキャラクターとかで悩む高校生とかよくいるんですけど

性格なんて別に変えられますからね


偽れますからね。


って感じの本ですねこれは。

であとは、
アダムグラントの本とかも良いかもしれないですね。 

であとちょっと分厚いんですけど、

「LIFE SHIFT」とかもまあ良いじゃないですかね。
これはまあ、
今30歳よりも若いの年代の人たちは

ほぼ確実に平均寿命が100歳超えちゃうって言われてるんで

そうすると100年間生きてくためにはどうやって生きてかなくちゃいけないのかとか

どういうふうに仕事をしてかなくちゃいけないのかとかってことが書いてあるんですよね。

で今までの人たちは
普通に仕事をして会社に行って何となく生きてますけど

100年仕事しろっていったら無理ですよね。

でも人間の寿命は100歳を普通に超えちゃうんですよ。

だからもう
お金に働いてもらうしかないよね、
とか
仕事の仕方を変えるとかしないといけないよね、みたいなことを考えてるんですよねこの本では。

あとは若さを保つためことを考えようって感じのことも書かれてますね。

まぁ100年間も仕事を続けるためにはどうしても体の調子が大切ですよね。

だからあまり

無茶して徹夜とか無残業しまくったりしてると燃え尽きるわけですよいつか。

普通に肉体的に燃え尽きるわけですよ。

で今寿命って延びましたけど、

昔はなぜ60歳で定年が来たかって分かりますか?

昔の労働者ってほとんど肉体労働だったんですよ。

だからあんまり長く働けなかったんですよね。

間接がおかしくなったり
なんか体がボロボロになったりとかして

長く働けないから、
だから早めに定年して
年金とかがあったわけですよね。

ところが今はですね

知識労働が主なんですよ。

だから基本的には結構長く生きれちゃうんですよね。

そんなに憔悴する前に60歳とかを迎えるんですよ。

だからそういう意味で言うと

頭を使って稼ぐっていうことに慣れておかないと危険なんですよ。

もっと言うと
投資とかをして頭を使って稼ぐっていうことに慣れておかないといけないんですよね。

あるいは自分の肉体を持たせるために短時間働くだけで生きていけるっていうスタイルを作っていかないと

持たないんですよ100年も。


だから、
長い間の人生を考えていくっていう意味で
「LIFE SHIT」を高校生のうちから読んでおくと、

相当やばい人間になっていくんでしょうね。

いい意味でね。


という訳で最後話がずれてしまいましたが、今回のテーマはこんな感じでした!

次回のお話もお楽しみに!





[参考文献]
・https://omocoro.jp/rensai/40982/
・https://curazy.com/archives/193472
・https://www.himawari0511.com/entry/high-iq-and-low-iq
・https://blog.tinect.jp/?p=40340
・https://youtu.be/cWZWiAUCh7g
・https://matome.naver.jp/m/odai/2147046176858360401
・https://shingakunet.com/rnet/s/kaigaidaigaku/europe/014/
・https://meaning.jp/posts/501









それでは、本論1の続きの本論2です。

前回は

例に出したみたいなブラックジョークをですね
直接人に言うという訳ではなく、

ポンポン出てくるとか
切れの鋭いブラックジョークが出やすいとか
あとはブラックジョークに反応しやすい人

つまり、
ブラックジョークが出てこなくても
好きな人だったら良いんですよね。

で、こういう人は
将来性があるし
IQも高いし
しかもメンタルも実際は安定している可能性が高いということでしたね。

で、ちなみにこれ
メンタルが安定しているっていうのは結構ポイントで、

その皮肉とか牙が
自分に向くことはあまりないんですよね。
そういう意味では付き合う相手としてもオススメなんですね。

で、今回は
じゃ逆に頭が悪い人達ってどういうふうに言うの?っていう話でしたね。

では、さっそく[本論2]に移っていきましょう!




・本論2

みなさんの中には、

口が悪ければ頭が良いって訳じゃないでしょ。



って思う人もいると思うんですよ。

ではこれにお答えいたします。


頭が悪い人で
なおかつ攻撃性も高くてメンタルも不安定な人っていうの

バリエーションが少ないんですよ。


だからすぐ
馬鹿とかアホとかチクショウとかですね、

誰でも思いつきそうなことを言い出すんですよ。

誰でも知ってそうなチープな罵詈雑言を言うんですよ。


だからみなさんの周りにもいますよね

馬鹿の一つ覚えみたいに
ずーっと同じことを言ったりとか
人を馬鹿にするときも毎回同じ単語で工夫点がない人いますよね。


よくお年寄りとかにも時々いらっしゃいますけど、

頭の固いお年寄りとかね。

こいつらって

ボキャブラリーが少ないんですよ。


僕は思いますけどね、

罵倒はボキャブラリーが豊富じゃないと美しくない。

ってね。

表現力が足りないんですよ。


悪口って芸術なんですよ。

だから人を罵倒するときも
様々な罵倒言語を持っていることが

すごく大事


なんですね。

実は実際に
10秒間という短時間で、
何種類の罵倒ができるかっていうことを調べる実験とかもあるんですよ。

これはもう分かりますよね。

短時間でバリエーションを持った多種類の
罵倒の言葉が出てこないとだめなんですよ。

かまさないといけないんですよ。



もちろん
バカとかアホとかじゃないですよ。

例えば、
愚か者だったりとかいろんな似たような用語がありますよね。

なんとかのはさみを使えよって知ってる?
とか
お前とはさみなんか親戚みたいなもんだって言って
なんで?って聞かれたら、

え、だって昔から言うじゃん

馬鹿とはさみは使いようって。


こういうふうに
ちょっとこうひねった皮肉
変化球みたいな

アレンジを加えたブラックジョーク


が何種類も出せる人のほうが

言語能力が高いし、
頭も良いし、
国立大学受かるんですよ。


面白いですよね。

という訳で[本論2]はこの辺で!
まだまだ続きますよ!
続きは[結論]でお話いたしますので、
次回、お楽しみに!



[参考文献]
・https://omocoro.jp/rensai/40982/
・https://curazy.com/archives/193472
・https://www.himawari0511.com/entry/high-iq-and-low-iq
・https://blog.tinect.jp/?p=40340
・https://youtu.be/cWZWiAUCh7g
・https://matome.naver.jp/m/odai/2147046176858360401
・https://shingakunet.com/rnet/s/kaigaidaigaku/europe/014/
・https://meaning.jp/posts/501






今回はですね、前回の序論に引き続き、
知識がない奴の見つけ方[本論]です!

ブラックジョークっていったいどんなジョークなの?って話からスタートです!
じゃあ今日は月曜日ですが、張り切っていきましょう!


・本論1

例えばですね

僕が好きなブラックジョークもいくつかあるんですよ。


まず、そこまで面白くないというか、

鼻で笑われそうなところからいきます。


サンタクロースの前に
プレゼントを欲しがっている動物たちの列ができていました。
サンタはペンギンに魚をあげて、
犬にはビスケットをあげて、
猫にはツナをあげました。
そして最後にサンタクロースの手にはチーズが残りました。

「あれ?チーズが欲しいって手紙を書いてきたのは誰だったんだろう」


っていうやつですね。

一応ブラックジョークですよね。

まあつまり列に並んでる時にですね、
猫の前に並んでたネズミちゃんは食べられちゃった話ですね。

そんな面白くないですね。

切れがあまいですこれは。


まあ結構いろいろそういうジョークがあって

僕も結構そういうのを考えるのが好きなんですよ。


で、本人には言わないですよ。


言わないんですけど、
もし会話をしてるときに

これ言ったら

相手の心を粉砕するな。

っていう発言やたとえを考えたりするんですよ。

じゃあ例えばこの前あったのが、


この前

30代中盤くらいになってあんまり才能が開いてない奴


と話してたんですよ。

この方は、

「俺起業するために20歳のときから株の勉強してんだぜ」

って言ってきたので、


ゆで卵はかえらねえからw



って思いましたけどね。

まぁブラックジョークってこんな感じですね。

では、逆にブラックジョークがすぐに出てこない人、ブラックジョークや皮肉が嫌いな人が

なぜIQが低いのか。


って話を次回の[本論2]でご紹介したいと思います!
バスの中からお届けしました!
月曜日ですが、頑張っていきましょう!
それでは次回、お楽しみに!



[参考文献]
・https://omocoro.jp/rensai/40982/
・https://curazy.com/archives/193472
・https://www.himawari0511.com/entry/high-iq-and-low-iq
・https://blog.tinect.jp/?p=40340
・https://youtu.be/cWZWiAUCh7g
・https://matome.naver.jp/m/odai/2147046176858360401
・https://shingakunet.com/rnet/s/kaigaidaigaku/europe/014/
・https://meaning.jp/posts/501


どうですかね皆さん、例えば人と会話するときとかですね、めちゃくちゃ真面目そうに見えるのに実は勉強出来ない奴とか

あとは、この人チャラいなー
遊んでそうだなー、なんかバカそうだなー
って見えるのに実は学歴超高かったりとか

こんな経験したことありませんか?



という訳で今回のテーマは、

知識がない奴の見つけ方

です。

さっそく[序論]からやっていきましょう!





・序論

今回のテーマはですねただ知識のない奴が分かるんじゃないんですよ。
これを知ってると、

逆に知識がある人、

つまり

相手のIQの高さを見抜けるんですよ。


でこれ実はですね

相手の得意な話題とか

あるいは嫌悪感を示す話題とかからですね

見抜けちゃうんですよね、

相手のIQの高さが。


で、さらに言うと、
どんな会話から相手の知識量、いわゆる頭の良さ分かるのかっていうことですね。

これは正直

非常に簡単なんですよ。

これ何かっていうと、

ブラックジョークが好きかどうか

これです。

だから、相手が知識がある人なのかそうでないのか、
あるいは
頭の回転が早いのか遅いのかを知りたいんだったら、

ブラックジョークが好きかどうかを見抜いてください。


実は、
ブラックジョークとか
切れのある皮肉が好きかどうかで
相手のIQの高さっていうのが見抜けるよーっていうことが分かってるんですよ。


実はIQが高い人で、
しかもメンタルが安定している人ほど、

ブラックジョークが好き


っていう
面白い研究があるんですよ。

だから皆さん
もし例えば
男性でも女性でもそうですけど
相手のIQが高いかどうかを見抜きたいとか、将来性がある人を見抜きたいっていう場合は

ブラックジョークを投げかける

ってことをすると良いってことが分かってるんですよ。

まあつまり簡単にいうと、
悪趣味な話題が好きな人はですね
頭が良いって研究が実際あるんですよね。

ちなみにこれはウィーン医科大学の研究がもとになっています。

平均年齢が大体33歳くらいの156人の男女を対象にした実験で、
ドイツの有名な風刺漫画とか
ブラックジョークとかが多い漫画家の作品を対象者に読ませて

どれくらい楽しんだかってことをチェックしたんですね。

でその結果、

ブラックジョークを楽しむ人であればあるほどですね

言語性IQも動作性IQも高かったんですよ!



だからつまり言葉を操る能力も高いければ

アイディアとかを発想する能力も高いし

高い教育を受けているケースが多いんですね。

でさらにですね
攻撃性の数値は低いんですよ。
つまり切れのあるブラックジョークとか
皮肉は言うんですけど

実際に人を攻撃したりとか
DV男になる可能性とかそういうのは
非常に低いんですよ。

さらにメンタルもなぜか安定しているってことが分かったんですよね。

で、まあ元々冗談が上手い人の方が

頭が良いとかIQが高いとかって聞きますよね。

たとえ話ができたりとか
本質をついた話ができる人っていうのは

基本的には魅力的に見えるっていうことが分かってるんですよ。

特にですね

ジョークが好きなだけではなくてですね
ブラックジョークが好きな人はですね

メンタルまで安定するよってことが分かったんですよね。

へーって感じですよね。


まあ要するに切れのあるブラックジョークですね。


でこの

ブラックジョーク


って何?って思う人もいると思うんですけど、
他人を直接的に罵倒することとは違うんですよね。

例えば罵倒するときも

単にに馬鹿とかアホとかブスとか言うんじゃなくて、

なんか遠回しに

切れのある工夫したジョーク


をスパンと繰り出すってことなんですよしかもそのスピードはコンマ1秒以内なんですよ。



で逆にですね
こういう悪趣味なジョークが苦手な人は
気をつけないといけません。

悪趣味のブラックジョークが苦手な人っていのは優しそうに見えるんですけど

実際は優しさと
ブラックジョークが嫌いっていう性質は
全然相関がなくて
IQはですね

悪趣味なジョークが苦手な人は平均的なんですよ。

むしろ攻撃性の数値は

悪趣味なジョークをいう人よりも

割と高めだったんですよ!


でさらにメンタルも落ち込みやすいんですね。

つまり、ネガティブなムードになりがちっていうことが分かったんですよね。

これ、

へーってところですよね。



だから面白いのが

皮肉を言える人はですね、

頭の回転が速くて


言語を操る能力も高いんですよ。


特に切れのある皮肉を言える人はね。

そう意味で言うと感情を表したりとかする
言語能力と

メンタルの安定性って

比例してるんですよね。


だからそういう意味でいうと

ブラックジョークが得意な人や好きな人、
切れのあるブラックジョークを言える人っていうのは

基本的には
仕事する相手としても
パートナーとしても

優秀


だってことが分かってるんですよね。


でこれ
僕がさっきからブラックジョークって言ってるんですけど、

具体的に

ブラックジョークってどんなジョークなの?


って今いちピントこないと思うんですよ。

なので、具体的なブラックジョークの例からは、次回の[本論]でお話したいと思います。

では序論はこの辺で、次回の[本論]をお楽しみに!




[参考文献]
・https://omocoro.jp/rensai/40982/
・https://curazy.com/archives/193472
・https://www.himawari0511.com/entry/high-iq-and-low-iq
・https://blog.tinect.jp/?p=40340
・https://youtu.be/cWZWiAUCh7g
・https://matome.naver.jp/m/odai/2147046176858360401
・https://shingakunet.com/rnet/s/kaigaidaigaku/europe/014/
・https://meaning.jp/posts/501


↑このページのトップヘ