Dスケブログ

Dスケブログです。 高校生の時の授業中にスマホで仕入れた情報をもとに、 大学以降、実験、検証、考察を続けた結果をここに記します。 バスやタクシーでの移動中、飲み会中、常にブログ、ブログ、の23歳。

2019年03月

それでは、[本論3]に移ります。


前回の本論2では、


「じゃあどうすれば自分を良く見せられるの?」


というところまででしたね。


[本論3]では、この続きからやっていきます。



では、いきますよ!





・本論3







で、まずはですね、



男性なんですけど、



これ面白いことに、



実はですね、



美人な人ほど

男性のある特徴に惹かれる

っていうことが分かってるんですよ。







ある特徴に引き寄せられると。




で、これ何かって言うとですね、



「低い声」です。







だから僕もですね、



女性と話すときは、



ワントーン下げて話してるんですけど、



まあ低い声の方が良いんですよ、美人を口説くときには。



で、これは



2008年のアワディーン大学の研究で分かったことなんですが、



85人の女性にですね、



いわゆるこう、



男性の告白シーンの音声を聞かせるんですね。



で、そのときに



声のトーンを2種類に分けるんですよ。



1つは、



比較的高い声ですね。



高いって言っても、



すごい高い訳じゃなくて、



割と高めの声の口説きと、



低めの声での告白シーン



っていうのを聞いてもらって、



どんな反応をするか。




っていうことを調べたんですよね。



で、その結果何が分かったかっていうと、



これですね、



よく、



声の低い男性はモテるって言いますけど、



実はですね、



今回の研究は、



もうちょっと一歩進んだところの研究なんですよ。



だから面白くて今回ご紹介してるんですけどね。



という訳で、



この続きは、



次回の[本論4]でお話していきます。



では次回、お楽しみに!

それでは、[本論2]に移ります。


前回の本論1では、


「ちょっとエロい話も言及する可能性もある。」


というところまででしたね。


[本論2]では、この続きからやっていきます。



では、いきますよ!





・本論3







という訳で、



さっそくやっていきます。




まずですね、



男性版、女性版なんですけど、



1個ずつご紹介していきます。



まず、



見た目の良し悪しっていうこと事態が、



かなり怪しいよね。



っていうことなんですよ。



そもそも、



人間がなぜ見た目の良し悪しで



相手を判断するのかっていうと、



見た目の良し悪しで



相手を判断することによって、



有能さだったりとか、




遺伝子が優秀なのかとか、




生殖能力があるかどうか。





っていうこととか、



まぁ、魅力っていうことなんですよね。



で、女性の場合は、



基本的には、




相手が優秀かどうかを見ます。





遺伝子として優秀かどうか。



だから、



女性は左右対称の顔や体を持った男性が好き





っていうのがあるんですけど、



これはですね、



遺伝病がないから、



その人の遺伝子を受けることが出来れば、



良い子孫が生めるからなんですよね。



で、男性は、



若い女性が好きですよね。



若い女性が好きな理由は何かって言うと、



妊娠の可能性が高いから、


ワンショットで、

ワンチルドレンになる可能性があるんですよ。






ワンショットワンチルドレンですね。



まあワンショットワンチルドレンは困るんだけど、



生物としてはまだやっぱり



ワンショットワンチルドレンな若い女性を好む



っていうことが分かってるんですよね。



で、そういうところを踏まえた上で、



じゃあどういうふうにしていけば、



自分を良く見せれるの?




っていう話を今回はやっていきます。



という訳で、



この続きは次回の[本論3]でお話していきます。



では次回、お楽しみに!

それでは、[本論1]に移ります。


前回の序論2では、


「魅力を上げるためのテクニックについてお話していく。」


というところまででしたね。


[本論1]では、この続きからやっていきます。



では、いきますよ!





・本論1







で、男性とか女性の



モテテクニック




っていうのはですね、


これまでも色々お話してきたんですが、



それでもですね、



デブやブスのままの人



って多いんですよね。



だからここでもう一度、



改めてちょっといろいろと見て、



効果の高そうなテクニックを使っていこう



っていうのがですね、



今回のテーマになってます。



で、そしてですね、



今回は、



有名な論文が登場いたします。





南ブルターニュ大学の研究ですね。



これがたくさん出てきますので、



お楽しみに。



ということなんですけど、



ちょっとエロイ話も言及する可能性がありますね。




という訳で、



この続きは、



次回の[本論2]でお話していきます。




では次回、お楽しみに!

それでは、[序論2]に移ります。


前回の序論1では、


「ブスの状態でどう戦えば良いの?


というところまででしたね。


[序論2]では、この続きからやっていきます。



では、いきますよ!





・序論2








ということで、



今回はですね、



コンプレックス解消の科学



ということで



いわゆるですね、



ブスな奴らが美男美女に打ち勝つ方法をですね、



ご紹介しようと思います。



ブスなのに、



顔とか体型すら良く見えてきて、




ブスなのに

美男美女に勝つ手法。





っていうのをですね、



お話していきます。




まあ要するに、



自分を良く見せる方法ですね。




で、今回はですね、



男性版、女性版に分けてます。



男性版、見た目を良くするテクニックと、


女性版、見た目を良くするためのテクニックのですね。



つまり、



魅力を上げるためのテクニックですね。



この二つをお話していきます。



という訳で、



この続きは、



次回の[本論1]でお話していきます。



では次回、お楽しみに!

今回のテーマは「恋愛」です。


それでは、さっそく[序論1]からやっていきます。



では、いきますよ!





・序論1







皆さんはブスですか?





ブスって辛いし、



存在だけで人を嫌な気持ちにすることもありますよね。



もちろん、



ブスを直す手法は存在しないんですよ。



化粧でごまかすことはできるんですけど、



純正のブスって一生直せない訳ですよ。




そこで、



こんな提案があるんですよね。



ブスは直せないんだったら、




じゃあブスの状態で戦う方法ってないの?





これ、実はあるんですよ。



ブスでもイケメン美女に打ち勝つ方法が、




顔がめちゃくちゃブスでも

モテる方法があるんですよ。





で、こんなことを言うと、



「え、でもブスが減ったら、お化け屋敷のお化け役が

いなくなっちゃうんじゃないの?」


とか




「ブスを売りにしている

お笑い芸人の

再現VTR用のブスはどうするの?」




とか



「合コンで

私の比較対象になる

分かりやすいブスが

いなくなっちゃうんじゃないの?」




みたいな、



ブスの役割




を挙げてくる人もいるんですけど、



僕は別に、



ブスを無くすって言ってる訳じゃないんですよ。



そもそもブスは一生ブスなんだから


それは直せないんですよ。



だからこそ、



ブスな状態でどう戦えば良いの?




っていうことを検討する


っていうお話なんですよね。



という訳で、



この続きは、



次回の[序論2]でお話していきます。



では次回、お楽しみに!

↑このページのトップヘ