Dスケブログ

Dスケブログです。 高校生の時の授業中にスマホで仕入れた情報をもとに、 大学以降、実験、検証、考察を続けた結果をここに記します。 バスやタクシーでの移動中、飲み会中、常にブログ、ブログ、の23歳。

カテゴリ: 人間関係

それでは、[本論4]に移ります。


前回の本論3では、


「面白いことが分かった。」


というところまででしたね。


[本論4]では、この続きからやっていきます。



では、いきますよ!







・本論4






で、



対人トラブルが苦手な人、



つまり、



人とのトラブルを起こすのがすごい嫌だし、


それを解決するのが苦手だよ



っていう人はですね、



結婚するとですね、




幸福度がダダ下がりです。






もうガクッと落ちるんですよ。



面白いぐらいに。



で、ここがポイントなんですけど、



逆に、



対人トラブルにこだわらない人、



だから別に、



揉めても気にしないし、



自分は自分で相手は相手だから、



あ別になんも気にならないよ。



あるいは、



解決するのが上手いとかでも良いんですけど、



そんなに対人トラブルに囚われたり、



気になったりしないよ



っていう人はですね、



ぜか

結婚すると幸福度が

めちゃくちゃ上がる。



っていう傾向が出たんですよね。



だから、


結婚するかどうかの判断っていうのは、



自分が、



対人トラブルをスルーする脳力が高いか、



それとも、



対人トラブルを起こすと、



もう仕事が手付かなくなっちゃたりして



こうなんか



にっちもさっちもいかなくなっちゃうような人は、




結婚するとやべえよ。



っていう話なんですよね。



そうなんですよ。



だから面白いんですよこの研究。



という訳で、



この続きは、



次回の[本論5]でお話していきます。



では次回、お楽しみに!

それでは、[本論3]に移ります。


前回の本論2では、


「面白い研究ですよね。」


というところまででしたね。


[本論3]では、



この続きからやっていきます。



では、いきますよ!




・本論3






で、一応研究の内容をご紹介しておくと、



研究者はですね、



4024人の男女を集めて、



質問をしたんですよ。



で、一応2つの質問をしたんですよ。



1つ目の質問は、



今のパートナーとか、

結婚相手とか、

あとは、

恋人との関係性は

どうなってますか?





良好ですか?


どうですか?




っていうことを聞いたと。





で、2つ目の質問はですね、



人間関係とか



いわゆるその、



対人関係の話なんですけど、




人間関係で

問題とか

衝突が起きたときに

あなたはどのように感じますか?





すごいストレスに感じるのか、


悲しいって思うのか、


まあ色々あると思うんですけど、



そういうことを聞いたんですよね。



で、それでですね、



それらのデータを



この4024人分のデータ結果ですね。



結構大き目なデータをですけど、



それらをまとめて、



統計処理したところですね、



面白いことが分かったんですよ。



という訳で、


この続きは、



次回の[本論4]でお話していきます。



では次回、お楽しみに!

それでは、[本論2]に移ります。


前回の本論1では、


「結婚できる人とできない人の違いって何なの?」


というところまででしたね。


[本論3]ではこの続きからやっていきます。



ではいきますよ!





・本論3









で、結論から先に言います。




対人トラブルが苦手な人は

結婚に向いてないです。







結婚しても意味がないですよ。



っていうことがですね、



オークランド大学の研究の結論です。



だからつまり、



人とトラブルを起こしたときとか、



人ともめたときに、



それを仲裁したりとか、



トラブルを上手いことやり過ごしたりとかが出来ないとか、



あるいは、



トラブルが起きて、



まあその、



最初は揉めたりもするんだろうけど、




意外と、



対人トラブルから受けるストレスが少ないとか、



まあ、のらりくらりじゃないですけど、



上手いこと自分は交わせるタイプですよ。



っていう人だったら、



結婚も上手くいくけど、



対人トラブルに囚われたりとか、



そこからストレスをめちゃくちゃ感じやすいっていう人はですね、



どうせ離婚して

結婚式で使った200~300万が水の泡になるから結婚しないほうが良いよ。






そのお金

外国株にぶっこんどいた方がまだマシだよ。




っていうことなんですよね。



面白い研究ですよね。



という訳で、


この続きは、



次回の[本論3]でお話していきます。



では次回、お楽しみに!

それでは、[本論1]に移ります。


前回の序論2では、


「じゃあ結婚に向いてる人と向いてない人の違いは何なの?」


というところまででしたね。


[本論2]では、この続きからやっていきます。



では、いきますよ!





・本論1







で今回のお話はですね、



オークランド大学の研究ですね。



でですね、



この研究は、



結婚っていうのは良いものなのかどうか。



っていうことはさておき、



結婚に向いてる人と

向いてない人の違いは

何なの?





っていうことを調べた研究なんですよ。


という訳で、


この続きは、



次回の[本論2]でお話していきます。



では次回、お楽しみに!

それでは、[序論2]に移ります。


前回の序論1では、


「ここを見ると面白い。」


というところまででしたね。


[序論2]では、この続きからやっていきます。



では、いきますよ!





・序論2








だからつまり、



一応、研究って、



なるべく多くの人に当てはまるように



統計的に見るんですけど、



まあ例えばですよ、



仮に、



30代前半よりも若い人たちですね、



つまり、



20代の人たちが、



結婚した後に得られるメリットって言うのは、



健康とか、



そういったメリットはあると思うんですけど、



でも結局、



そういう健康とかっていうメリットも、



良い人間関係から生まれてくるんですよね。



だから、



歳をとってから、



話相手がいなくなっちゃうから、



だから結婚しない状態で歳をとるのは、



体に悪いんじゃないの?





っていう結論から、



やっぱり結婚した方が良いんじゃないの?






っていうのが、



今までは言われてきた訳なんですけど、



最近はSNSもあるし、



コミュニティを維持するのも簡単になってきちゃったから、



だから、



今、SNSネイティブの20代や、



30代前半の人たちって言うのは、



歳をとってからでも、



コミュニティを維持できるから、



たぶん結婚してなくても、



別に人間関係に関しては、



良好な人間関係を作れるし、



すぐに遊びに行ったりとか、



飲み行こうよ。



とか言って、



遊びに行ったりすることも、


多分、歳をとってからも出来るだろうから、



そんなに結婚のメリットってないんじゃないの?




っていうのが、



現在の研究なんですよね。



でもこれは一応、



誤解がないように言っておくと、



中には多分、



結婚したほうが良い。




健康的な生活を送れる。



っていう人もいるでしょうよと。



結婚した方が幸せになれる。




っていう人もいるだろうし、



結婚したい。




って言う人も中にはいるんじゃないですかと。



で、そういうふうに思った人は、



これは完全に正解で、



人によります。もちろん。





じゃあ、



結婚に向いてる人と

向いてない人の

違いは何なの?




っていうことが今回のお話になります。


という訳で、


この続きは、



次回の[本論1]でお話していきます。



では次回、お楽しみに!

↑このページのトップヘ