Dスケブログ

Dスケブログです。 高校生の時の授業中にスマホで仕入れた情報をもとに、 大学以降、実験、検証、考察を続けた結果をここに記します。 バスやタクシーでの移動中、飲み会中、常にブログ、ブログ、の23歳。

カテゴリ:

それでは、[結論]に移ります。
前回の本論5では、コーヒーナップを使うときの、守らなければいけないコーヒーを飲むペースがあるというところまででしたね。
[結論]ではこの続きからお話していきます。

では、いきますよ!




・結論







で、まあコツとしてはですね


コーヒーをよく


ちょこちょこ飲む人



とかいますけど、


コーヒーはですね、


一気飲みくらいで全然構わないです。




なんならカフェインのサプリだけでも良いかもしれません。




とにかく一気に飲んだほうが良いです。



ちびちび飲むとカフェインが効いてくるのが遅くなっちゃうんですよ。


で、あと、


コーヒー飲むと目が覚めちゃう。


って言う人もいますけど、


コーヒーって別に苦いだけで


コーヒーのせいですぐに目が覚めるってことはないんですよ。



まぁ要するに、


飲んだらすぐに寝てください。


じゃないと、


「ちょっと部長と話してをしてから寝よう。」



とかって思うとですね、


コーヒーのカフェインが効いてきてから昼寝することになるので、


そうするとですね、


あんまり昼寝の効果がなくなっちゃうんですよね



で、何度も言いますが、


昼寝はぐっすり眠れなくても全然気にしなくてオッケーです。



うとうとするくらいのレベルでも全然効果は変わらないので、安心してください。


で、一応大切なポイントとしては、


絶対に20分以内に起きてください。



18分とかでも良いんですけど、


20分以内には必ず起きてください。



なんでかって言うと、


20分以上寝ちゃうとですね、


結構良い感じに深い眠りに入ってしまうんですよ。



カフェインの効果が効いてきたタイミングで


しっかりと目を覚まさないと


昼寝した意味が無くなっちゃうんですよね。



で、例えば、


思いっきり昼寝のの時間が取れる場合は、


55分寝てください。


なかなかこんな長い時間のお昼休みを取れる人はいないと思うんですけど、


一番良い昼寝の時間って60分未満くらいなんですよ。



だから55分とかですね。


僕は54分くらい寝るんですけど、


それぐらいの、


1時間いかないんだけど、

ほとんど1時間。



みたいな感じのお昼寝をすると一番効果があるってことが分かってるんですよね。


という訳で、


今回は、「お昼休み」、「休憩時間」


というテーマでお話していきました。


もしお昼寝がどうしても厳しい場合は、勉強とか仕事の間に6分間、または15分間目を閉じてのんびりすること。


もし寝れる場合は、


コーヒーをガッと一気に飲み干してから20分寝ること。


っていうことですね。


これを実践して頂くと、

上手に疲れがとれて、


ストレスにも強くなって、


午後の仕事や活動の生産性も上がると思うので、


宜しければぜひ、試してみてください。


それでは皆さん、


引き続きお勉強、お仕事頑張ってください!




[参考文献]
・https://toyokeizai.net/articles/-/177162
・https://kotobank.jp/word/%E6%98%BC%E4%BC%91%E3%81%BF-614245
・https://www.njh.co.jp/magazine_topics2/gt13/
・https://manatopi.u-can.co.jp/work/150623_293.html
・https://dictionary.goo.ne.jp/jn/188754/meaning/m0u/
・http://m.kget.jp/lyric.php?song=26256
・https://tabi-labo.com/273894/success-or-not-success-summary
・http://www.fastclassinfo.com/entry/to_be_capable_persons
・https://diamond.jp/articles/amp/175656
・https://torteo.jp/media/atcl-850/
https://youtu.be/NCO_egXJFd0
・https://siryou.jp/5026/
・https://modifyworld.net/manager/
・http://imimatome.com/netyogonoimi/owakon.html
・https://matome.naver.jp/m/topic/1LxN0
・https://seikatsu-hyakka.com/archives/39817
・https://kotobank.jp/word/%E3%83%87%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF-1711388

それでは[本論5]に移ります。
前回の本論4では、アデノシンのカフェインの衝撃的な関係が明らかになっているということでしたね。
[本論5]ではこの続きからやっていきます。

では、いきますよ!




・本論5






そうなんですよ。


実は、アデノシンとカフェインて、


ある関係があるんですよ。


これ、なんと



形が似てるんですよ。



これどうことかっていうと、



まず、脳には

「アデノシレセプター」


っていう場所があるんですよ。


で、僕たちが疲れを感じるのって、


普通はそこにアデノシンがカチットはまるからなんですね。



つまり、


カフェインがこのアデノシンレセプターと形が似てるってことは、


ふたをしてくれる訳ですよ。



だから後からですねアデノシンが入ってこなくなるので、


脳がですね疲れづらくなるんですよね。


だから午後の仕事もはかどるってことになるんですよね。


午前中って結構人間の脳って


疲弊するんですよ。



僕も本当は午前中しか仕事はしたくないんですけどね。


まあ、皆さんの中にも、


午後も仕事しなくちゃいけないって方がいると思うので、


そんな方は、


このコーヒーナップを上手に使って頂くとよろしいんじゃないかなって思いますね。


じゃあこのコーヒーナップを行うときのコーヒーを飲むペースはどうすれば良いの?

って話なんですけど、


これ実は守らないといけない飲むスピードがあるんですよ。


という訳でそのお話は次回の[結論]でやっていきます。

では次回、お楽しみに!




[参考文献]
・https://toyokeizai.net/articles/-/177162
・https://kotobank.jp/word/%E6%98%BC%E4%BC%91%E3%81%BF-614245
・https://www.njh.co.jp/magazine_topics2/gt13/
・https://manatopi.u-can.co.jp/work/150623_293.html
・https://dictionary.goo.ne.jp/jn/188754/meaning/m0u/
・http://m.kget.jp/lyric.php?song=26256
・https://tabi-labo.com/273894/success-or-not-success-summary
・http://www.fastclassinfo.com/entry/to_be_capable_persons
・https://diamond.jp/articles/amp/175656
・https://torteo.jp/media/atcl-850/
https://youtu.be/NCO_egXJFd0
・https://siryou.jp/5026/
・https://modifyworld.net/manager/
・http://imimatome.com/netyogonoimi/owakon.html
・https://matome.naver.jp/m/topic/1LxN0
・https://seikatsu-hyakka.com/archives/39817
・https://kotobank.jp/word/%E3%83%87%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF-1711388

それでは[本論4]に移ります。
前回の本論3では、コーヒーナップにおける
「コーヒーの飲み方」ってどんな感じにすれば良いの?ってところまででしたね。
[本論4]では、この続きからお話していきます。

では、いきますよ!




・本論4







で、この


「飲み方」



なんですけど、

どういうふうにすれば良いかっていうと、


まぁまずはコーヒー飲むんですよ。


つまり、カフェインを体内に入れる訳ですね。


そして入れたら、


すぐに20分だけ寝てください。




で、20分寝ると何が起きるかっていうと、


20分後に目が覚めて、その瞬間からですね



集中力が上がって


トップスピードで

動けるんですよ。




一応このメカニズムを簡単に説明しておきます。


カフェインが体内に入りますよね。


で、その後20分間寝る訳ですよ。


で、寝てる間どうなるのかっていう話ですね。


いわゆる


「疲れをもたらす物質」



っていうのがあるんですよ。


で、この「疲れ」っていうのは、


皆さんの筋肉疲労とかそういった


本当に体が疲れてるんじゃなくて、


脳が疲れてるんですよ。



で、この脳の疲れを作っている物質が


「アデノシン」



っていうやつで、


このアデノシンが貯まると


脳が疲労感を感じて、


体を休めようっていう動きが働くんですよね。


まあ眠くなったりするのもこの物質が原因なんですけどね。


で、昼寝をするとですね、


このアデノシンが除去されるんですよ。



脳に疲労感をもたらすアデノシンっていう物質が減るので、


結局、疲れが回復するってことですね。


だから、


昼寝の効果って高いんですよ。



さらにこの「昼寝」と同時に「カフェイン」を入れると、


最強なんですよ。



昼寝をして目が覚めるころ、


カフェインは約20分で脳に届くと言われているので、


コーヒーを飲んでから20分くらい寝ると



アデノシンがきれいに消え去り、


疲労物質が消えたところに


興奮物質であるカフェインが頭に「ズドーン」

って入る訳ですよ。



そうするとですね、


カフェインが効いてきて覚醒度が上がるんですよね。


で、さらにですね、

この

疲労物質アデノシンと興奮物質カフェインの衝撃的な関係


が明らかになってるんですよ。

という訳でこの続きは次回の[本論5]でお話していきます。

では次回、お楽しみに!




[参考文献]
・https://toyokeizai.net/articles/-/177162
・https://kotobank.jp/word/%E6%98%BC%E4%BC%91%E3%81%BF-614245
・https://www.njh.co.jp/magazine_topics2/gt13/
・https://manatopi.u-can.co.jp/work/150623_293.html
・https://dictionary.goo.ne.jp/jn/188754/meaning/m0u/
・http://m.kget.jp/lyric.php?song=26256
・https://tabi-labo.com/273894/success-or-not-success-summary
・http://www.fastclassinfo.com/entry/to_be_capable_persons
・https://diamond.jp/articles/amp/175656
・https://torteo.jp/media/atcl-850/
https://youtu.be/NCO_egXJFd0
・https://siryou.jp/5026/
・https://modifyworld.net/manager/
・http://imimatome.com/netyogonoimi/owakon.html
・https://matome.naver.jp/m/topic/1LxN0
・https://seikatsu-hyakka.com/archives/39817
・https://kotobank.jp/word/%E3%83%87%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF-1711388

それでは、[本論3]に移ります。
前回の本論2では、昼寝にもやり方があるというところまででしたね。
[本論3]ではこの続きからやっていきます。

ではいきますよ!




・本論3






で、昼寝もやり方があるんですよ。


オススメはですね、


「コーヒーナップ」



っていうテクニックがめちゃくちゃ良いんですよ。


あ、ちなみにBGMはやめた方が良いですよ。


BGMは集中力を下げるだけで睡眠には意味ないんですよね。


で、このコーヒーナップって何かっていうと、


簡単に言うと、


コーヒー飲んだ直後に昼寝する。



ってだけのテクニックなんですよね。


本当にこれだけなんですけど、


結構効果があるよ



ってことが分かってるんですよね。


で、僕もやってるんですけど、


これコーヒーナップの良いところはですね、


昼寝から目が覚めた後、


すぐに動き出せるんですよ。



しかも生産性も一気に上がるっていうことも分かってるんですよね。


若い女性の方が子どもができやすいとかそういった生産性ではなくて、


仕事の生産性


なんですよね。



だから、


昼寝をすると、起きたときに頭がぼんやりしちゃって午後の仕事がはかどらないって人はですね、


コーヒーナップを行うと良いんですよね。


このコーヒーナップって確かにただコーヒーを飲むだけなんですけど、

実はちゃんと「飲み方」があるんですよ。

という訳で、そのお話は次回の[本論4]でお話していきます。

では次回、お楽しみに!




[参考文献]
・https://toyokeizai.net/articles/-/177162
・https://kotobank.jp/word/%E6%98%BC%E4%BC%91%E3%81%BF-614245
・https://www.njh.co.jp/magazine_topics2/gt13/
・https://manatopi.u-can.co.jp/work/150623_293.html
・https://dictionary.goo.ne.jp/jn/188754/meaning/m0u/
・http://m.kget.jp/lyric.php?song=26256
・https://tabi-labo.com/273894/success-or-not-success-summary
・http://www.fastclassinfo.com/entry/to_be_capable_persons
・https://diamond.jp/articles/amp/175656
・https://torteo.jp/media/atcl-850/
https://youtu.be/NCO_egXJFd0
・https://siryou.jp/5026/
・https://modifyworld.net/manager/
・http://imimatome.com/netyogonoimi/owakon.html
・https://matome.naver.jp/m/topic/1LxN0
・https://seikatsu-hyakka.com/archives/39817
・https://kotobank.jp/word/%E3%83%87%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF-1711388

それでは[本論2]に移ります。
前回の本論1では、ある大学の面白い実験があるというところまででしたね。
[本論2]ではこの続きからやっていきます。

では、いきますよ!




・本論2






この実験は、


ファンマン大学の研究で


26人の学生たちにあるストーリーを記憶してもらい、


それから、


割と快適な椅子に座り、目を閉じて15分間休んでもらった場合と、


パズルゲームみたいな簡単なゲームで遊んでもらった場合を比べるんですね。


で、15分後に記憶テストを行う訳ですよ。


この結果はですね


どうなったかって言うと、






目を閉じて休んでたグループが圧勝しちゃったんですよ



ゲームをしてたグループとか


他の作業をしてたグループよりも


はるかストーリーを最後まで覚えていた。


っていうことが分かったんですよ。



だから、つまりですね


僕らって休んでるとき、


まあ、もちろん寝てるときもそうだし


目を閉じてるときもそうなんですけど、


そういうふうに休んでるときって


外から脳に入ってくる情報



が無くなるので、


内部の情報を整理してくれるんですよ。


で、その結果、


記憶が頭の中で組み立てられて、


頭の中に記憶が残りやすくなるんですよね。


で、要するに


記憶の整理能力が高い人



とか


短期記憶能力が高い人



っていうのは、ストレスにも強いってことも分かってるんですよ。


つまり、


情報を取捨選択できるようになるので、


例えば、午前中にいろんな仕事がバーッて入ってきたときに、


「あー。」



ってこう15分くらい休む訳ですよね。


そうすると勝手に頭の中で


「この仕事とこの仕事はこうやって、

これは優先的にこうだな。」



ってことが見えてくるので、


午後の仕事がはかどるんですよ。



で、肉体的な疲れを取り除くことにも


お昼寝が良いよって言われてるんですけど、


実はこの


「昼寝」


もですね、


あるんですよやり方が。


という訳で、次回の[本論3]では、このやり方からお話していきます。

では次回、お楽しみに!




[参考文献]
・https://toyokeizai.net/articles/-/177162
・https://kotobank.jp/word/%E6%98%BC%E4%BC%91%E3%81%BF-614245
・https://www.njh.co.jp/magazine_topics2/gt13/
・https://manatopi.u-can.co.jp/work/150623_293.html
・https://dictionary.goo.ne.jp/jn/188754/meaning/m0u/
・http://m.kget.jp/lyric.php?song=26256
・https://tabi-labo.com/273894/success-or-not-success-summary
・http://www.fastclassinfo.com/entry/to_be_capable_persons
・https://diamond.jp/articles/amp/175656
・https://torteo.jp/media/atcl-850/
https://youtu.be/NCO_egXJFd0
・https://siryou.jp/5026/
・https://modifyworld.net/manager/
・http://imimatome.com/netyogonoimi/owakon.html
・https://matome.naver.jp/m/topic/1LxN0
・https://seikatsu-hyakka.com/archives/39817
・https://kotobank.jp/word/%E3%83%87%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF-1711388

↑このページのトップヘ